わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > 3/4拍子と6/8拍子の違い

3/4拍子と6/8拍子の違い

難易度2★★☆☆☆
___________



今回は「3/4拍子と6/8拍子の違い」について書いてみましょう。
 
 
 
「4拍子や3拍子の意味は何となく分かるけれども、3/4拍子と6/8拍子の違いが分からない」
 
という声をよく聞きます。
 
今回は特に、「3/4拍子と6/8拍子の違い」について書いてみます。
 
 
 
まず最初に、拍子の分数表記について簡単に説明しておきます。
 
分数表記の場合、分母は「音符の種類」、分子は「1小節内の音符の数」を表します。
 
たとえば3/4拍子とは、「1小節内に4分音符が3つのリズム」という意味です。
 
「ズンタッタ〜、ズンタッタ〜」というリズムですね。
 
 
 
一番良く耳にする4/4拍子は「1小節内に4分音符が4つのリズム」という意味です。
 
ダンスミュージックのバスドラが「ズン、ズン、ズン、ズン」と鳴り、「四つ打ち」と呼ばれますが、
 
これがまさに4/4拍子です。
 
バスドラが4分音符間隔で、1小節内に4つありますよね。
 
 
 
ではこの法則で6/8拍子を考えると、「1小節内に8分音符が6つのリズム」ということになります。
 
ここで3/4拍子との違いがよく分からなくなるんですよね。
 
「1小節内に4分音符が3つのリズム」と「1小節内に8分音符が6つのリズム」は何が違うの?
 
ということになってしまいます。
 
 
 
これは両方とも3拍子の仲間ですが、大きな違いは「強拍部分」にあります。
 
つまり、アクセントを付ける位置が違います。
 
 
 
2小節のパターンで考えると以下のようになります。
『』が強、「」が中、カッコなしが弱です。
 
3/4拍子 |『1』、2、3|『1』、2、3|
6/8拍子 |『1』、2、3、「4」、5、6|『1』、2、3、「4」、5、6|
 
3/4拍子はまさに3拍子ですが、6/8拍子は2拍子の感覚にも近いですね。
 





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。